スポットリスト

カテゴリーから探す > 酒蔵

松波酒造

石川県鳳珠郡能登町松波

荒海の幸から、甘いデザートまで、楽しい乾杯を広げたい。
そんな思いで、明治元年より、酒造りをしています。
極寒仕込みの酒造りは、昔ながらの道具と製法で能登杜氏の伝統を受け継ぎながら能登の風土を感じられるお酒を精魂込めて造っています。
家族単位の小さな蔵で、皆一丸となって酒造りや新商品企画、酒蔵見学を行い、
昨年からは上海、シンガポール、香港にも少しずつお酒の輸出もしています。

松波酒造の特徴はココ!
アイディア若女将の語る「日本酒」と「暮らし」

乾杯は、人と人のご縁を繋ぎ、距離を縮めます。
育まれた土地の伝統や文化の密接さは、飲み物だけにとどまりません。
農業、漁業、そして能登杜氏の発祥地である能登ならではの味が追求されています。
松波酒造では、所有する農園の果物や野菜を使ったリキュールも作っていて、幅広いジャンルのお料理とともに楽しめますよ。
この地の魅力から造られるお酒を感じてみてください。

代表酒「大江山」一度飲んだら忘れられない能登の味

大江山 本醸造 能登上撰
 ~地元能登町で昔から飲まれている地酒~
 やや辛口の本醸造で、全生産量の3分の2を占めています。

大江山 大吟醸
 ~華やかな香り、キリットした口当たり~
 口に含んだ香りも逃したくないほどのフルーティーさ、そして深いコク。
 能登杜氏が精魂込めて仕込む少量しか生産されない酒です。

大江山 純米蔵出し
 ~レトロラベルで楽しむ、酒米「石川門」の純米酒~
 軽快な口当たり、やや辛口。70年前のラベルデザイン。

能登杜氏のこだわり

「高い技術で上手にソツなく造られた」お酒よりも、飲んで「おいしいと思える」「ほっと一息つけるような」お酒を志して造っています。喜怒哀楽どんな感情の時にも、パートナーのように身近にいてくれる。そんな魅力が日本酒にはあります。

職人オススメの飲み方
40°C~42°Cくらいに燗をつけて、能登の海産物と一緒に!

松波酒造

所在地: 石川県鳳珠郡能登町松波30-114
電話番号: 0768-72-0005
代表銘柄: 「大江山」
URL: http://www.o-eyama.com/

より大きな地図で 聖地巡盃 を表示
  • 酒蔵リストに戻る
  • このスポットを含んだツアーをみる
ページのトップへ
  • 石川県能登町編
  • 東北編
聖地巡盃の旅マップ 能登町 恋愛成就ルート 仕事運上昇ルート 巡り会い運上昇ルート
聖地巡盃の旅マップ 東北 塩竈コース 会津若松コース 盛岡コース 八戸コース 弘前コース
スポットリスト
  • マップから探す

カテゴリーから探す

  • 神社一覧
  • 酒蔵一覧
  • 旅館・その他一覧

関連サイト

  • 日本酒応援ファンサイト「いいね!日本酒。」
  • 旅の発見
本サイト内の文章、写真、イラスト等を無断で複写、複製、転載することを禁じます。 © Seichi-Junpai. All rights reserved.